長尺前打ち竿 考察

かつては選択肢の1つとして存在感を示していた6~7m級の長尺前打ち竿。しかし、近年は5.4mを中心に、どちらかといえば取り回しのよい短めの前打ち 竿が好まれているようです。今回は7m級ロングレングスの前打ち竿にスポットを当て、そのメリットと活用法を考えてみましょう。

近年における

長竿の立ち位置を考える。

 落し込み竿の中でも、前打ち竿は特にレングスにこだわる必要があります。ヘチや目印の釣りでは「下へ垂らす釣り」がメインであり。距離を意識した前打ち釣りは探る範囲の関係から、他の釣りよりも長い竿が生まれ、発展してきました。

  竿の長さに変化が表れたのは、素材が軽いグラスファイバーに変わってから。さらに軽いカーボンがロッド素材の主流になってからは三間(約5.4m)が長さの主流となり、やがて三間半(約6.3m)以上の長竿も一般に出回るようになりました。

 長竿の愛用者が増えた理由は、ただ竿が軽くなったからだけではありません。北陸で6.3mクラスの長竿を使う人が多かったのは、北陸地方特有の大型テトラで足場が悪く移動が困難、また荒く積まれたテトラをかわしながら大型黒鯛(チヌ)を取り込むためでした。

 大阪湾での長竿釣法は、石畳や石畳の上にテトラが積まれた釣り場が多いこのエリアにあって、長竿は探る範囲を広く取れるというメリットを認識されていたようで、7mクラスの竿を使う人も多くおり、その伝統は今でも稀少ながら息づいています。

  そ して現在、5.4mから5.3mに標準の長さが落ち着きましたが、それ以上の長竿を積極的に使う人は少なくなったように思います。その理由は多々考えられ ますが、ひとつはテトラにおける際穴(足元)を攻める釣りが発展し、多くの魚が釣られるようになってそのスタイルが定着したため、長い竿は必要がなくなったことが影響していると考えられます。

 しかし、長尺物の前打ち竿でないと成し得ない釣りは存在します。長尺前打ち竿のメリットとは何か。次からじっくりと考えてみましょう。

こんなにある

長尺前打ち竿のメリット!

 重い、取り回しにくいなど、ネガティブなイメージもある長竿ですが、短竿にはない魅力がたくさんあります。長竿が持つ代表的なメリットは次のようになります。

①足下から海中の障害物をかわしやすい

尺の長さを生かし、足下から張り出すテトラや海中の障害物をかわして魚を誘導できます。これは昔から言われている長竿の効能です。

②強風に強い

足場が高い場所では道糸が風に食われにくく、安定して仕掛けを流すことができます。竿が長いと風を受けて疲れるという声もありますが、あえて強風時に長竿を使うメリットもあります。

③タメが効く

ブランクスをクッション材と考えた場合、単純に節の数が多い長竿はクッション部分が多く、短竿ではラインを出して対処しなければならない場面でも、長竿だとタメきれるケースが少なくありません。特に障害物が多い場所で生きてくる利点です。

④細いハリスを使える

節の数が多い長竿は曲がる部分、つまり弾力を生む部分が多いことから、同号数であれば長い竿ほど細いハリスを使えます。

⑤魚との距離を取れる

魚がスレているポイントを攻める上で最も重要なこと。それは、水面に人影を映さないこと、そして、水中に物音を響かせないことなのです。意外にも単純なこ とですが、たとえ、一歩二歩でも水際から離れれば釣果は確実にアップします! 人間が思っている以上に、魚はこちらの動きを敏感に感じ取っています。

武器として使う

長竿積極活用のススメ

 以上のように、長竿には多くのメリットがあります不要に長い竿を使う必要はありませんが、数々の利点を武器として攻めに反映できるのであれば、この長さを活用しない手はないでしょう。

 特に晩秋~冬季において、水温が低下し、スケ潮の状況下では、魚も人の気配には過敏に反応するので、長竿により魚との距離を取ることが最善策となるでしょう。

 現在の「BJ SNIPER」では“前打ちT-63UM”「飛竜クロダイ」では“M&MH-63UM”と“HX-63U”が最長レングスとなり、それ以上の長さを求めるのであれば前モデルからのチョイスとなります。

 私が愛用しているのは「BJ コマンダー T-72UM」ですが、パーツ的にも生産中止モデルであり、大切に使っているしだいです。今後、7㍍級のロングレング スモデルが登場するか否かは定かではありませんが、一度この手の長竿でのファイトを味わうと病みつきになること間違いなし!ひとつの手段としてぜひ活用していただきたスペシャルタックルなのです。

ブラック ジャック スナイパーが登場したのはいつ?

「ブラック ジャック スナイパー」は2004年5月に登場!

今から15年前のこの時期にデビューした真紅のマグナムテーパーのロッドは当時の黒鯛師には衝撃的でした。

さて、5月も中盤に入り落し込みのシーズンもすぐそこまで来ています。今年も真紅のロッドは私達に思い出に残る黒鯛と出逢わせてくれることでしょう!

2004年の記事はコチラ:http://www.globeride.jp/ir/pdf/99bjacko.pdf

 

2018年度TEAM BJ SNIPER関東甲信越エリア交流会in山本釣船店

2018年10月8日

6:00~12:00

横浜沖堤防D堤にて親睦交流会が行われました。

前日までは好調だったにも関わらず、この日は条件厳しく残念ながら釣果は得られませんでしたが、その後

13:00より山本釣船店向かいの「広東料理興華菜館」さまにて食事会。

交流会参加メンバーに加えて倉田含め3人が加わり総勢11名で開催され、

参加者紹介の後、倉田より設立趣旨などの説明などが行われました。

その後、15時まで楽しく歓談してお開きとなりました。

 

 

 

 

2018年度TEAM BJ SNIPER関東甲信越エリア交流会in山本釣船店

来たる10月8日(祝)に横浜沖堤防で、関東甲信越地域の交流会が行われます。
当会に興味のある方は是非ご参加ください。
*開催要領
・目的:メンバーの顔合わせ親睦を目的とし、釣果への賞は特に設けません
・日程:10月8日祝月曜日
・時間:6:50出船、昼上がり、13時から食事会
・場所:釣り、横浜沖堤、食事会、渡船屋近くのお店

・渡船店:山本釣船店 (045-622-0997)

・参加費:渡船代、食事代は各自負担

・参加資格:メンバー+当会に興味のある方

 但し、興味がある方が参加する場合は、事前に関東甲信エリアマネジャー

(梅津:ssumetsu@gmail.com)までご連絡願います

出演:
関東甲信越エリアマネージャー

梅津省吾

ヘチアドバイザー
豊嶋秀樹
廣瀬建夫
狩野誠司

※救命胴衣着用義務・渡船代は自己負担でお願い致します。

熱中症対策の為水分補給準備等、必ずお願いします。

荒天の場合は順延(日程未定)

中止の場合は前日にHPにて連絡いたします。

2018年度近畿エリアTEAM BJ SNIPER交流会in夢フィッシング

日時:2018年9月9日 7時~12時

場所:夢フィッシング渡船区

審査規定:45㎝以上のチヌまたはキビレの一尾長寸

主催:近畿エリア

結果:一位 加納達也(新波止 46.7㎝) 二位 倉田保夫(宇部波止 45.6㎝)

交流会の模様はコチラの動画からhttps://www.youtube.com/watch?v=TNbNNgFbzSo

 

来たる2018年9月9日

夢フィッシングさんで親睦例会が行われました。

 

近畿はもちろん、中京、北陸、中国地区からも参加いただき、

総勢約20人で

45㎝アップ1匹長寸規定で例会が始まります。

 

 

 

7時便に乗り込み12時帰船。それぞれの釣り場へと向かいます。

 

 

 

結果としては、

セル石、宇部波止、新波止共に、それなりに釣果がありましたが45㎝アップという規定はなかなか厳しく、検寸に持ち込めたのは2人だけとなりました。

 

 

 

 

参加された皆さんお疲れ様でした!

 

 

2018年TEAM BJ SNIPER近畿エリア前打ち交流会

2018年9月2日(日)

team BJ sniper 始動初のイベント

 

前打ちアドバイザーの櫻井英紀氏主導の元

交流会が和田防にて開催されました。

統括アドバイザーの倉田、ヘチ釣りアドバイザーの黒田、近畿エリアマネージャーの藤原を加え

 

当会会員や興味のある方など、約20名が集まり11時集合からteam BJ sniper の紹介、交流会の説明から始まり

 

 

DAIWAヘチ釣りのニューロッドの紹介などを経て

谷一渡船さん11時半便にて出発です

 

 

渡堤後、櫻井氏による

和田防でのタックル、仕掛け、そして落とし方、攻略法等のレクチャーが始まり、

参加者の皆さんは真剣に耳を傾けておられました。

 

仕掛けは

!!?

とビックリするような仕掛けです

 

レクチャーの後、一斉に落とし始めます。

 

天気予報では晴れとなっていましたが、曇天。

良い感じの濁りも入っており、釣果に期待が膨らみますが、

 

 

苦潮の影響か終始厳しい状況が続きます。

 

そんな中でもなんとかパラパラと釣果を出す事が出来ました。

 

参加者の皆さんありがとうございました!

交流講習会の模様はコチラの動画からhttps://www.youtube.com/watch?v=QI3Pf9qD9Cg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は現在処理中の為徐々に追加して行きます。

 

 

 

 

 

 

 

2018年TEAM BJ SNIPER近畿エリア前打ち交流会

 

和田防(谷一渡船)にて前打ち交流会を開催!

初回という事で、入会説明会も兼ねておりますので、一般参加OKです。当会に興味のある方は是非ご参加ください。

 

日時:2018年9月2日(日)

場所:和田防

渡船:谷一渡船

集合:谷一渡船乗り場11時(乗船11時半)迎船は18時45分頃

 

※救命胴衣着用義務・渡船代(2000円)は自己負担でお願い致します。

熱中症対策の為水分補給準備等、必ずお願いします。

荒天の場合は順延(日程未定)

中止の場合は前日にHPにて連絡いたします。

 

今回の交流について・・・:9月よりクラブ発足にあたり、和田防での前打ちをしてみたい方対象に和田防攻略方法やBJ SNIPER前打ちロッドの解説などを行います。また、当会の入会に対するご質問等にお答えすることを目的としており、一般参加OKですので是非お気軽にご参加ください。

出演:倉田統括アドバイザー、櫻井前打ちアドバイザー、黒田ヘチアドバイザー

交流内容:

・和田防攻略法(櫻井前打ちアドバイザー)

・BJ SNIPERタックル解説

・NEW BJ ヘチの展示→メーカーHP

・動画撮影

・当会入会に対する説明

 

問い合わせ:統括アドバイザー倉田(090-1894-2950)